HOTサンダルプロジェクト2021「島アートコンテスト」表彰式

2021年11月、東北芸術工科大学と事務局をインターネットで結び、島アートコンテストの最優秀賞表彰式を行いました。

 

正木会長からは「ひときわ目立つ作品で、今後の作品も楽しみ。状況が変わったら、ぜひ島に来て力強い作品を制作してほしい。」
末永教授からは「今回のコンテストは、瀬戸内が素敵な場所だと思いながら、悲しいとかつらいとかではなく我々の生きる地球は素敵な世界があると表現している作品群であったが、その中でも特に戸田さんの作品は、海から遠い場所で生まれ育った人が、資料を参考に海とともに育んだ文化がある島を想像して描いたもので、一番ワクワクするものだった。すべての審査員の先生がこのコンテストに最もふさわしいと評価していた。」とコメントがありました。

受賞者の戸田さんは「行ったことのない海を描くのは難しいと思っていたが、自分なりの理想郷に変えられたので、膨らませた想像で描いた。もし島に行くことができれば、新しい刺激をもらえるのではないかと思う。」と感想を述べました。

▼最優秀賞作品「いつまでも、海がこうでありますように。」
東北芸術工科大学 芸術学部美術学科 日本画2年 戸田創史

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です